車の査定を受ける際に車検を通しておくか、通さなくていいの

車体の下取り価格が下がる原因は、走行距離が平均

車体の下取り価格が下がる原因は、走行距離が平均して1年で1万キロを超えている、車体色が悪い、車体の外観が綺麗な状態でない、破損しているパーツがある、車内での喫煙等が挙げられます。また、車体の修理をされているということも下取り額に差が出る原因となります。Continue reading